下肢静脈瘤や卵巣がんなどの治療の取り組み

ピックアップ



下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤とは脚の静脈に瘤のような膨らみが出来る疾患で、脚のだるさやむくみといった自覚症状が現われます。命に関わる事はないですが、生活に支障をきたす可能性もあるので、症状の度合いに合わせて治療を受ける事が大切です。

» 詳細を確認する

最新の記事

転移がんとは

がんには初めに出た場所を示す原発がんと初めの場所から離れた部位に飛んであらわれる転移がんがあります。診断は画像検査や細胞検査を行います。転移がんの出現時期は原発がん判明と同時、あとが多いです。

» 詳細を確認する

聴神経腫瘍の治療

聴神経腫瘍の治療では、手術や放射線治療が行なわれます。費用は高額になることが多いですが、公的な軽減制度を利用すれば実質的な負担は少なくて済むのです。聴神経腫瘍は、治療を行なう医師や医療機関の技術が大変重要になります。

» 詳細を確認する

種類と症状

病気には男性特有のものと女性特有のものがあり、がんも同様です。卵巣がんは女性がかかりやすい病気です。特別に気をつける方法があります。

脊柱管狭窄症でリハビリをする期間はこちらのサイトでチェックすることができます。大体の期間がわかるので症状と合わせて見てみましょう。

肝臓がん症状について

我が国は肝細胞がんの高頻度地域の一つであり、肝硬変に合併することが多いです。 発がんにはBおよびC型肝炎ウイルスの関与が推測されています。 肝臓がんの症状としては、肝腫大、上腹部痛、腹部膨満感、食欲不振、全身倦怠感、体重減少などがみられます。 肝硬変の症状のみで肝臓がんの症状を呈さないことも多くあります。 がんの完全切除が原則ですが、多くは肝硬変を合併しているため、切除範囲が制限されることも少なくありません。 慢性肝炎、特にC型肝炎、あるいは肝硬変の経過のなかでの肝細胞がんが多いこともあり、予後は不良です。

胆管細胞がんについて

肝内胆管より発生し原発性肝臓がんの5〜10%を占めます。 肝硬変、肝線維症の合併は少ないです。 リンパ節転移、遠隔転移、(主として肺)が多く、切除率は肝細胞がんより低いです。 特有の症状はありませんが、肝門型では黄疸を主訴とするものが多いです。 3年生存率が5%以下で、予後は極めて不良です。 転移性肝臓がんの原発巣としては、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん 乳がん、肺がんなどがあります。 CT、超音波検査で診断のつくことが多いです。 原発巣が根治的に切除され、ほかに転移が認められない場合には、肝切除の適応になります。 切除が不可能な場合には、肝動脈内にカテーテルを留置して動脈内注入化学療法も試みられます。 保存的治療の予後は通常不良でありますが、肝切除のできた大腸がんの肝転移例では比較的予後がよく、症例によっては積極的に肝切除を行います。